11月10日、きょうだい会SHAMSで活動する滝島真優さんを迎えて講演会を開催しました。

家族支援の制度がじょじょに整いつつあることを前提に、ご自身の原体験を語られました。

きょうだいへの支援の必要性、そして栃木県宇都宮市のきょうだい会SHAMSの活動報告。

きょうだいである子どもたちの感じていること困り感を

仲間で共有する取り組みや

先輩きょうだいたちがロールモデルとして関わる活動を教えていただきました。

とても大事なことだと思いました。

会場には市外からの参加者が多数おられました。

講演後の質疑応答の中で、学校現場や地域できょうだいに関わる大人たちの対応が大事であることがわかりました。

イギリスなどでの取り組みのことも教えていただき、新たな課題が見えました。

東京・大阪・仙台ではきょうだい支援を広める会他ネットワークで「きょうだい支援」の取り組みがあります。

https://www.kokuchpro.com/event/dmeyer/

https://www.kokuchpro.com/event/ssp_training20190316/

長崎でも、いくつかの取り組みを予定しています。

多くの方に情報が届きますように、また今日から動き始めます。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事