きょうだい支援

障がいや病気のある人のきょうだいの支援をしています。障がいや病気の子どもがいる家庭の中で「きょうだい」たちはさまざまな思いを持ちながら成長します。親たちの大変な様子を見て育つので、少し大人びていたり、自分の気持ちを抱え込んだままになってしまうこともあります。結果、大人になって生きづらさを感じる人もいますし、自分に自信がもてない人もいます。

きょうだい支援はきょうだいの問題を知っていただくための学習会や、きょうだいが楽しい気持ちになるイベントなどを企画していきます。

 

 

2018年11月10日(土)13:30~15:30

佐世保市男女共同参画推進センタースピカ 研修室2

参加費:500円 託児:あり(無料、先着10名)

テーマ:シブショップを学びましょう!つくりましょう!

シブショップとは・・・

障がいや病気のある子のきょうだいが集まり、楽しく遊んだり、共通の喜びや悩みについて話し合うワークショップです。

 

講師:滝島 真優 氏 (きょうだい会SHAMS代表、目白大学人間学部人間福祉学科助教) 

双子の弟が自閉症であることを契機に主に障害のある子どものきょうだいを対象としたきょうだい会SHAMSを立ち上げ、現在11年目。東京都内の社会福祉法人において区市町村障害者就労支援事業、就労以降支援事業、特定相談支援事業に従事し、現在、大学にて社会福祉士の養成に携わりながら、きょうだい支援活動に従事している。

*画像をクリックするとPDFファイルが開きます

参加申し込みは、電話(090-9498-3608)または下記申し込みフォームよりお申し込みください。

申し込みフォーム

きょうだい当事者保護者支援者その他

託児(必須)
必要不要